e

ポジティブで幸せな感情は、乳幼児の知性の発達と有効性を助長し、幸せで無邪気な子供を育てることは、乳幼児の潜在能力の発達と、生き生きとした明るさ、信頼感、自信といった良い人格特性の形成を促進することが、研究により明らかになっています。 親がどのように乳幼児の知的な可能性を伸ばしていくかを見てみたいと思いませんか? それでは、乳幼児の知的な可能性を伸ばす方法をご紹介します。兒童睡前故事

1つは、親が子供にたくさんの遊びをさせること。 生後1年目の乳幼児の身体的ニーズを満たすことが重要であるならば、幸せで無邪気な子供を育てる方法は、2〜3歳の子供の心理的・精神的ニーズを満たすことです。 遊ぶことは子どもの本質であり、遊びは子どもの最も重要な心理的欲求の一つです。兒童成長

次に、遊びは楽しいだけではなく、乳幼児が世界を理解し、環境に適応するための重要な手段でもあります。 乳幼児にとって、遊びは学習の一形態であり、より重要な学習でもあります。 これは、脳の統一的な指令のもとに身体活動を調整することで、乳幼児の動きを協調的に発達させ、幸福で無邪気な子供を育てる方法です。 また、乳幼児は仲間との関わりの中で、ポジティブな言葉や表情、動作が多くなり、生き生きとした喜びに満ちた感情パターンを示すようになります。 親は、子どもたちを親戚や友人の家に連れて行ったり、近所の子どもたちに家族を訪問させたりして、子どもたちが同世代の人たちと友達になる機会を作ることができます。培養孩子解難能力

親は子供の育成に積極的に関わるべきです。 伝統的な子育ての概念では、0歳から3歳までの乳幼児の養育は母親が担当することが多く、父親の役割は任意であるとされています。 最近の児童心理学の研究では、乳幼児と父親との相互作用は、優れた人格的資質の形成に非常に重要でかけがえのない役割を果たしており、父親が子育てに関与している乳幼児は、より知的で、機知に富み、好奇心が強く、幸せであることがわかっています。 父親の関与は、乳幼児のポジティブな感情の満足度を高める重要な要因となります。 父親の乳幼児との関わりを観察した研究では、父親が乳幼児と刺激的で多彩な遊びをするほど、乳幼児の満足度が高まり、生き生きとした明るい表情になることがわかっています。

関連記事:

Come i genitori possono nutrire il potenziale musicale del loro bambino

Jakie są korzyści z tego, że dzieci uczą się czytać od szkoły podstawowej?

子どもの空間認識能力を高めるにはどうしたらいいですか?